転職
2024.04.17

転職活動で落ちるのはなぜ?不採用になる人の特徴や面接を通過するためのコツ

転職活動で落ちるのはなぜ?不採用になる人の特徴や面接を通過するためのコツ

「面接になかなか受からない…」
「書類選考から先に進めない…」

転職活動をしている人の中には、このように悩む方もいるでしょう。企業からすれば採用活動は応募者を採用・不採用に振り分ける作業になるため、不採用者が出るのは当然といえます。大切なのは落ちたからといって悩みすぎたり、諦めたりせずに、うまく切り替えて転職活動を続けることです。

本記事では、転職活動に落ちやすい人の特徴や受かるためのコツを紹介します。

転職活動で落ちるのは当たり前!

転職活動において落ちることは、当たり前です。冒頭でも触れたように、採用活動は企業が応募者を採用・不採用に振り分ける作業なので、不採用者が出るのは当然といえます。

実際に、転職活動を始めてから内定獲得まで進む確率は、30~50%というデータがあります。つまり、50~70%の人は不採用になっているということです。

出典:マイナビ転職|【転職活動、何社応募した?】平均応募社数や、選考通過・内定の確率はどれくらい?


転職において不採用になるケースは多いので、落ち込むよりも割り切って次の選考に向けて準備をしたほうが良いです。

一般的に、年齢が上がれば上がるほど、選考に通過するハードルは上がります。狭き門になるため、不採用になっても落ち込まずに切り替えて次へ進みましょう。

不採用の原因は必ずしも応募者にある訳ではなく、タイミングや採用する会社側の事情による場合もあります。例えば、採用枠の定員に対して上回る応募数があった場合や、会社の業績により採用数が減っている場合などです。

転職活動で不採用になりやすい人の特徴

転職活動で不採用になりやすい人には、以下のような特徴があります。

  • 不採用になった理由の分析ができていない
  • 他責で考えている

なぜ自分が不採用になったのか、理由を分析して次の選考で活かすようにしなければ、同じ理由でまた落とされてしまうかもしれません。企業分析が甘かったのか、自分の面接の回答に不備があったのか、など振り返るようにしましょう。

また、落ちた際に「面接官が悪かった」などと、他責思考になる人も同様です。自分の何が原因だったのか把握できていないと、次の応募先でも改善されずに、また落とされてしまう可能性が高いです。

面接で落とされる原因は?面接官が見ている3つのポイント

面接は、面接官の立場によって重点的に見られているポイントが異なるため、面接官ごとに注意したいポイントが異なります。

面接官が人事の場合|ビジネスマナーを見られている

主に一次面接では、人事部の社員が面接官を担当することがあります。この場合、身だしなみや基本的なビジネスマナーを重点的に見られていることが多いです。

人事部では実際の業務との適正などは具体的にわかりかねるため、そもそも社会人として働く意欲があるのか、身なりに清潔感があるかなどをチェックされます。

通過率を上げるための対策

スーツはシャツ、ブラウスに汚れやシワはないか、髪色は派手になっていないかなど清潔感のある身だしなみを意識しましょう。また、意欲を見せるためにも、姿勢や表情、ハキハキした話し方を心がけてください。

面接官が現場上司の場合|スキル・経験を見られている

主に二次面接では、配属予定の部署の上司が面接官を担当することが一般的です。この場合、業務や職場とのマッチングを見ているため、スキルやこれまでの経験が重視されます。

通過率を上げるための対策

転職理由や応募先の志望理由を聞かれた際は、スキルや経験について、エピソードを交えながらより具体的に話すと良いです。また、入社したらどのようなことで貢献できそうか、アピールしましょう。

面接官が社長・役員の場合|入社意欲・熱意、将来性を見られている

主に最終面接では、社長や役員などの重役が面接官を担当することがあります。この場合は、会社の理念や社風とのマッチングを重点的に見ているものです。

通過率を上げるための対策

面接では、企業理念になぜ共感しているのか、自身の経験や考え方をもとにアピールすると良いです。あらかじめ応募先の公式サイトなどで企業理念や代表のメッセージなどをチェックし、整理しておきましょう。会社が目指す将来のビジョンもわかるのであれば、自分がどんなことで貢献できそうかもあわせて伝えると有効です。

面接を通過する4つのコツ

ここからは、面接を通過するための4つのコツを紹介します。

面接で不採用になってしまったら、以下で紹介する内容を実践することで次の選考に通過しやすくなるでしょう。

不採用になった理由を分析する

まず、なぜ不採用になったか、客観的に理由を分析しましょう。

例えば、以下のような点に該当していなかったか振り返ってみてください。

  • 企業理念や事業内容、求める人物像などが理解できていない
  • 業界や職種に関する知識が不足している
  • 自分の強みや弱みを把握していない
  • 過去の経験をうまく説明できていない
  • 声が小さい
  • 目を見て話せない
  • 遅刻してしまう

転職理由・志望動機に一貫性を持たせる

面接時の回答で転職理由と志望動機に一貫性がないと不採用になる可能性が高いです。また、転職理由や志望動機は前向きな内容にしましょう。

身だしなみやビジネスマナーを確認する

身だしなみやビジネスマナーに問題がある場合、どれだけ市場価値の高いスキルを持っていても不採用になる可能性が高いです。

具体的には、以下のようなポイントを面接前にチェックしておきましょう。

服装

業界や企業の雰囲気に合った服装を選ぶ

スーツや靴はシワや汚れがないものを選ぶ

髪型

男性は短髪で、前髪が目にかからないようにする

女性は派手なヘアカラーやヘアアクセサリーは避ける

メイク

派手なメイクは避ける

持ち物

派手なアクセサリーは避ける

腕時計はシンプルなものを選ぶ

バッグは清潔感のあるものを選ぶ

応募する企業研究を徹底する

企業研究ができていないと、志望動機が漠然としてしまいがちです。会社の経営理念はもちろん、競合他社との違いをしっかりと分析しておきましょう。なぜ他社ではなく、「この会社に応募したのか」を深掘りして整理すると良いです。

転職で落ちた場合によくある質問

ここからは、転職で落ちた場合によくある質問に回答していきます。

不採用の理由を問い合わせても良い?

不採用の理由は、問い合わせても問題ありません。とはいえ、答えてくれるケースは稀です。自分で振り返って分析することが重要です。

転職活動の平均応募社数は?

転職活動の平均応募者数は8.4社というデータがあります。
出典:マイナビ転職|【転職活動、何社応募した?】平均応募社数や、選考通過・内定の確率はどれくらい?


書類選考通過率は30%程度のため、そのうち面接につながるのは2〜3社程度でしょう。

一度落ちた企業へ再応募しても良い?

一度応募した企業へ再応募しても問題ありません。不合格になった理由を客観的に分析・改善し、それらを克服したことをアピールしましょう。

逆質問はしないと不採用になる?

逆質問をしなくても、採用される場合はあります。ただし、無理矢理考えた逆質問が調べればわかることだと、リサーチ不足だと思われてしまい、かえって逆効果です。

何を聞けばいいか迷った場合は、配属予定の部署の課題を聞くと良いでしょう。課題に対して、自身の経験やスキルで解決に貢献できるアピールに繋げられます。

まとめ

今回は、転職で落ちてしまう人の特徴や、面接を通過するためにポイントについて解説しました。たとえ落ちてしまっても、すぐに切り替えて次の応募へ切り替えて挑むことが大切です。とはいえ、自分が落ちた理由をしっかり分析できていなかったり、他責思考があったりする人は、次へ応募しても同じ結果になりかねません。なぜ不採用になったのか、自分の面接での言動を振り返ってみましょう。

転職活動を成功させるためには、ぜひ工場求人ワールドをご利用ください。希望する条件を細かく絞れるので、あなたにぴったりの求人を見つけられるでしょう。